株式会社 中島メリヤス

睡眠と健康を科学し、理想の寝具を提案します。

お気軽にお問合せください!

Tel 0277-54-1953

肩の沈むマットレスの研究

弊社では「肩の沈むマットレス」(商品名 なかめりマットレス )を開発して、
骨まで見えていた重症の褥瘡を6ヶ月で完治させるなどの成果を挙げました。
また、2004年10月には「改良敷き布団」として特許を取得いたしました。以下はその研究成果です。


寝返りを支援して褥瘡を防ぐ、上向きでも横向きでも対応
 
平成12年9月睡眠環境学会で「介護医療施設における支援補助具-床ずれ予防、治療マットレス-」
足利工業大学 小林敏孝教授、荒川一成講師の指導のもと、発表しました。
  右の図、 [ A,D ] を普通のマットレスの硬さとし、
[ B,C ] を柔らかい材質としました。
横臥位(横向きに寝た場合)で [ B,C ] に肩がきたとき沈み込み、
肩への圧力は小さくなります。また、寝返りしても、仰臥位(仰向け)、横臥位どちらも同じ高さの枕でストレスがありません。


肩の沈むマットレスを科学的に分析 

 

 

上向き(仰臥)
横向き(横臥)
 

 

一般寝具の寝姿勢
高い枕
上向きの時
背にストレス有ります

 

 

 

一般寝具の寝姿勢
低い枕
横向きの時
肩に圧迫感有ります

 

 

 

肩の沈むマットレス
上向きでも、横向きでも
ストレスありません

 

  1. 上向きでも横向きでも同じ高さの枕でよい。
  2. 上向き(仰臥)姿勢でストレスが少ない。
  3. 横向き(横臥)姿勢でも安定する。
  4. 体圧分散がうまく行き、血流障害が少ない。
  5. 手のしびれ、肩の痛い人、腰痛の人にも良い。
  6. 肩こりになりにくい。
  7. 寝違いがおこりにくい。
  8. 顔のむくみ、美容と健康にも良い。
  9. 上向き、横向きともに安定するため、安眠ができる。
  10. 寝覚めがすっきりする。

ビビット測定図

図-1 硬い敷き布団
図-2 なかめりマットレス
硬い敷き布団の上で上向き、横向きそれぞれの快適な高さの枕での寝姿勢のビビット測定図。快適な枕の高さは横向きと上向きでは大きく異なる。 「肩が沈むマットレス」なかめり21で上向き、横向きそれぞれの快適な高さの枕で測定した、ビビット測定図。同じ枕の高さでストレスがない。

肩こり、腰痛、枕でお悩みの方に「肩が沈むマットレス」(たたみ用)(ベッド用)をお勧めいたします。

「なかめり枕」で寝姿勢の研究もしております。